トップへ
影上 影下
導入事例

業務ソフトのことならお任せ下さい

sorimachi 特定非営利活動法人 とくしま発達支援センター

導入製品会計王15 NPO法人スタイル

サポート内容NPO法人会計基準実務支援・インストール・マスター項目設定・操作指導

形態 スタンドアロン  

特定非営利活動法人 とくしま発達支援センター

ノーマライゼーションの理念にのっとり、社会的弱者(福祉対象者)に対して、社会生活を支援する事業を行い、福祉の増進に寄与することを目的として設立されました。福祉型児童発達支援センター及び保育所等訪問事業、障害児放課後等デイサービスの設置の他、現在は障害児に対する療育活動にも力を入れて活動されています。

製品及びサポート導入の背景・目的(導入前の運用と課題)

設立したばかりの特定非営利法人において、会計ソフトの導入を検討しており、NPO法人会計ソフトで知名度の高いソリマチに導入・運用について相談したところ、「地元でNPO法人会計に詳しくて手厚くサポートしてくれる業者がありますよ」ということでナイスリフォームさんをご紹介いただきました。設立以前は、社会福祉法人で会計担当として、他社会計ソフトを利用しており、社会福祉法人会計基準に対応した会計処理は理解できているものの、NPO法人会計基準は全くはじめての運用であり不安がいっぱいでした。
サポート

製品及びサポート導入後の効果

担当していただいたインストラクターの方がNPO法人会計基準に非常に明るい知識をお持ちの上、公益法人・社会福祉法人・営利法人等の法人形態を問わず経理処理について良くご存じで、会計ソフトの操作面のみならず、どういった形で会計基準の導入・運用をしていけば良いか・経理実務での留意点等を細かくご支援いただき非常にスムーズに運用を開始することが出来ました。また、当初は1回訪問での契約となっておりましたが、ナイスリフォームさんから当事業所へ近いということもあり、当方が導入・運用に不安が残ることを考慮いただき、訪問を2回に分けて対応いただきました。1回目はナイスリフォームさんにて設定いただいたマスター項目(事業区分・科目等)を基に、入力作業(振替伝票入力)・入力内容チェック(仕訳日記帳)についてのみご説明いただき、その1か月後である2回目に入力作業をはじめ操作に不安のある部分・会計処理として不明な部分について、相談させていただきながら作業を進めていきました。2回目においては、集計帳票(元帳・合計残高試算表等)を確認ながら、最終的に決算手順についてもご説明いただき、特定非営利法人として対応しなければいけない会計概要を把握することが出来ました。また、近々ソリマチさんとナイスリフォームさんで「NPO法人会計講習会(H26.7.16 サンポートホール高松【香川県高松市】、同年7.18 トモニプラザ【徳島県徳島市】)」を開催されると聞き、この講習会にも参加してNPO法人会計基準について、より知識を深めたいと思います。

今後の展望

設立したばかりの法人で当然ながら、事業の拡大について積極的に各方面について取り組んでいくところでありますが、特定非営利活動法人である以上、NPO 法により、自由で活発な市民活動を促進するため、できる限り行政の関与の度合いを少なくし、認証主義による自由な設立が認められている代わりに、非営利活動を市民が監視するため十分な情報公開が要求されていますので特に、外部報告 = 情報公開に関して様々な規定が設けられており、会計は適切な情報公開のための手段として重要な意味を持っていると理解しております。今回依頼させていただいたのはNPO法人会計基準の導入を中心とした運用アドバイスでしたが、上記のNPO法からの要請趣旨をかんがみ、決算時期には十分な情報公開としての資料作成ができるようにナイスリフォームさんにあらためて支援依頼を検討しております。

≪ご担当者:大西様 談≫