トップへ
影上 影下
導入事例

pca 株式会社フクヨシ

導入製品PCA給与X

サポート内容インストール/マスター項目設定/操作支援

形態 スタンドアロン   クラウド  

株式会社フクヨシ

コンビニエンスストアをフランチャイズ契約にて徳島・香川で複数店舗展開。季節や地域性に応じて品揃えを工夫するなど従業員の方々と日々努力されています。さらに新規出店の予定もあり、着実に成長を続けている会社です。

製品及びサポート導入の背景・目的(導入前の運用と課題)

コンビニをフランチャイズ契約にて複数店舗出店しており、給与計算ソフトは本部より提供されているものがありました。
しかし、提供されている給与計算ソフトは店舗毎でしか従業員情報や勤怠・給与データを管理することが出来ず、毎月各店舗を回って勤怠・給与データを確認する手間がかかることから、全店舗をまとめて管理できる勤怠管理システムを導入、給与計算は管理事務所でエクセルにてまとめて行っておりました。

勤怠管理システムで勤怠項目は簡単に集計出来るようになり、従業員数が少なかったときはエクセルへの勤怠項目の入力作業も短時間で済みましたが、従業員数が増えると時間がかかるようになり、従業員数が100人を超えてしまったことから給与計算ソフトの導入を考えました。
他社メーカーの給与計算ソフトを試してみましたが、計算式の設定や勤怠管理システムとの連動設定など分からないことが多く、メーカーサポートへ連絡しましたところナイスリフォームさんを紹介され、相談することとなりました。

ナイスリフォームさんとの打合せでは当初、他社メーカー給与計算ソフトの計算式の設定や勤怠管理システムとの連動設定の相談をしておりましたが、弊社のような複数拠点を構えた運用ではクラウド版の給与計算ソフトの方が適しているとのことでした。
クラウド版の給与計算ソフトであるPCA給与Xクラウドはユーザーライセンスを2ライセンスで契約していても全ての店舗へ導入、同時には2人までしか利用出来ませんが同時利用でなければすべての店舗で利用することが出来、またソフトの初期費用が不要なことから初期投資を抑えられ、毎年保険料率等は改定されることから給与計算ソフトではメーカー保守が必須ですが、クラウド版では保守費用も月額利用料に含まれることから保守費用を抑えられ、大幅な変更があった場合のバージョンアップも無償にて対応出来ることからバージョンアップ時のコストも不要ということでした。
スタンドアロン版では初期投資も大きくなりがちで、システムが実情と合わなかったときには全てが無駄になるというリスクもありますが、クラウド版では解約すればよいだけということからPCA給与Xクラウドの導入を決めました。

給与計算ソフトの導入にあたり、給与規程は法人ごとに異なることからクラウド版の給与計算ソフトでも計算式の設定等は必要ですが、計算式の設定は分かりにくく、また勤怠管理システムとの連動設定も分かりにくいことからナイスリフォームさんへは計算式の設定や勤怠管理システムとの連動、給与計算ソフトの操作指導をお願いすることになりました。
サポート

製品及びサポート導入後の効果

エクセルでの給与計算では勤怠管理システムで集計した勤怠項目を従業員ごとに全て手入力していたことから時間がかかっておりましたが、給与計算ソフトを使用した場合には勤怠項目や支給控除項目などマスターの初期設定だけを適切に設定しておけば勤怠管理ソフトからデータを取り込むだけで自動的に計算され、大幅に作業時間を削減することが出来ました。
またクラウド版を導入したことにより各店舗で従業員情報や給与等のデータを確認することも出来、短期就業契約形態が従業員の過半数を占める業種であることから各店舗で直接従業員情報を確認、編集してもらうなど作業効率を上げることが出来ております。

ナイスリフォームさんには給与計算ソフトで今まで通りの給与明細となるように手当て等の支給控除項目を設定いただき、給与規程通りの計算となるように計算式を作成いただき、勤怠管理システムとの連動も総労働時間や深夜勤務時間などの勤怠項目を給与計算ソフトの該当勤怠項目に一括で反映されるように適切に設定いただきました。

当初は給与計算のみ利用出来ればと考えておりましたが、PCA給与Xクラウドでは労働条件通知書や社会保険・労働保険の届出書、年末調整等、他各種資料を作成することができ、今まで手書きで作成していた資料も簡単に作成することが出来るようになりました。

今後の展望

PCAさんから勤怠管理ソフトのクラウド版(PCA就業管理X クラウド)が発売され、現在利用中の勤怠管理システムは従業員1人当たりの月額利用料がかかるため従業員数が100人を超えると毎月数万円が必要ですが、PCA就業管理Xクラウドでは従業員数に関係なくソフトの月額利用料を固定で支払えばよいことから毎月の費用を削減出来そうということや、また同じPCA製品ということから給与ソフトとの連動性も考えて導入を検討しております。

また利用中の勤怠管理システムは多機能ですが、勤怠管理は労働基準法等の知識も必要で、業種が24時間営業であることから変形労働時間制を採用した場合などには時間外労働を把握するための勤怠集計の設定も難しくなり、利用出来ていない機能も多くあります。
PCA勤怠管理ソリューションであるクロノスの認定パートナーでもあるナイスリフォームさんであれば労働基準法等にも詳しく、企業コンプライアンスや更なる業務効率化の為にも勤怠管理の見直しもお願いしようかと考えております。

≪ご担当者:福良様 談≫