トップへ
影上 影下
導入事例

pca, other pca, other ケーブルテレビ徳島株式会社

導入製品PCA給与X/ 就業管理クロノス/Zaion’nex/テレタイムX

サポート内容セットアップ/マスター項目設定/操作支援

形態 スタンドアロン  

ケーブルテレビ徳島株式会社

平成2年6月開局。サービスエリアは、徳島市(国府CATV局エリア等除く)・佐那河内村・神山町・勝浦町・上勝町・美馬市・美波町・牟岐町・海陽町・東みよし町。加入世帯数は、 約120,000世帯。

製品及びサポート導入の背景・目的(導入前の運用と課題)

従来はタイムカードを見ながらPCA給与計算ソフトに手入力し給与計算を行っており、毎月の集計作業の削減の為や改正労働基準法が平成22年4月1日から施行されたことから、勤怠管理システムの導入を検討しておりました。

会計・給与ソフトはPCAさんのものを以前より利用(PCA会計X・給与X)していることから、PCA給与Xと連動性(勤怠打刻したデータを自動連動で受渡可)のある就業管理クロノスを、また残業申請や社員の方がいつでも自分の勤務状況(実績・予定)を確認出来るようにZaion’nexも導入することとなりました。

導入にあたり、勤怠管理の設定は法人ごとに異なることや労働基準法等の専門的な知識も必要なことから、PCA認定パートナー・クロノス認定パートナーであるナイスリフォームさんにシステムの導入から本稼働までをご支援いただくようお願いいたしました。
サポート

製品及びサポート導入後の効果

放送局という業種であることからフレックスタイム制や電話番、夜勤など特殊な勤務体系もあり、設定は難しいものでしたが、ナイスリフォームさんからフレックスタイム制の場合の勤務区分設定や承認残業の設定、代休管理設定等分かりにくい部分を説明いただくことで上手くまとめることができました。
導入後は毎月の集計作業の削減等、効率化を進めることができ、余裕が持てた時間を他の総務業務へ振り返ることにより、結果的に総務業務全体の最適化・効率化となり、より幅広く総務業務に専念できることとなりました。

残業申請も各社員のパソコン上からZaion’nexのワークフロー機能を使用して申請・承認をスムーズに行うことが出来るようになり、出張申請や旅費精算まで各社員のパソコンから申請を行えるようになりました。

またクロノスでは多様な帳票を作成することができ、レイアウトも変更することが可能なため、タイムカードの代わりとなる勤務個人表や月毎の勤務集計表など各種管理帳票を指定のレイアウトで簡単に作成することが出来ております。

今後の展望

改正労働基準法の法定割増賃金率適用における中小企業の猶予期間の廃止など、今後も法改正等があった場合の対応が必要となります。
導入したソフト(クロノス・Zaion’nex・PCA給与)それぞれのメーカー保守契約※1には入っているためソフトの機能はアップデートにて改正に対応することが出来ますが、中小企業の猶予期間が終了し、60時間超や年320時間超時間外労働の割増賃金を導入した給与規程に変更しなければならなくなった場合などにはソフトの集計方法やマスター設定(勤怠支給控除項目に関するもの・社員情報に関するもの)変更を行わなければなりません。
メーカーサポートセンターでは、法令対応を踏まえた設定について柔軟な対応が出来ないことも想定されますが、その際には労働基準法をはじめ人事労務業務周辺の業務知識に長けており、PCA・クロノス認定パートナーであるナイスリフォームさんであれば、当社への訪問形態での支援もお願いできることから必要に応じて相談させていただきたいと考えております。

※1・・・メーカー保守契約とはPCA(株)・(株)クロノスがリリースしている各ソフトに対して、法令改正・ソフト機能改善等に対するソフトのマイナーバージョンアップおよびメーカーサポートセンターへの電話等での問い合わせができるサービスを無償で行えるようにソフトメーカーとユーザーの間で契約する年間形態保守サービスのこと。

≪ご担当者:島様、片山様、磨見様 談≫