トップへ
影上 影下
勤怠管理

勤怠管理システムを利用した 処理・就業管理の流れ

連携
打刻データ 打刻データ 承認データ

icon01タイムレコーダー (出勤・外出・再入・退勤)

タイムレコーダー

「出勤簿」や打刻のみの「タイムレコーダー」を使っている場合、電卓で集計していたり、エクセルに打刻時間を手入力して集計したりと、人的ミスの起こる場面がたくさんあります。PC接続式タイムレコーダーなら、毎日打刻するだけでデータ化されますので、打刻漏れのない安全な業務遂行はもちろん、記録を保存する場合もとても楽になります。

icon02グループウェアシステム (Web承認 Web打刻)

グループウェア

メンバーのリアルタイムな在籍情報の表示や出張・物品購入等の申請/承認がWEB上で出来、承認データは勤怠管理システムへ転送することが可能です。また、WEB上で打刻することも出来ます。

icon03勤怠管理システム(勤怠集計処理 出勤簿作成)

勤怠管理システム

タイムカード1枚の集計に要する時間はチェックなども入れるとおよそ20分。1時間で3名分しか集計できない計算になりますが、タイムレコーダー連動により打刻データを転送し勤怠管理システムに自社の勤務パターン等を登録しておけば正確に素早くパソコンが集計してくれます。タイムレコーダーがPCに繋がるだけで勤怠管理は驚くほどスピーディになります。

各社給与計算ソフト

給与計算ソフト

お持ちの給与計算ソフトはそのままで、勤怠管理ソフトから出力したデータを連携させることができるので、比較的低コストに、リスクもなく勤怠と給与の業務を一体化させることができます。

勤怠管理システム導入のポイント

一言で「勤怠管理システム」といっても、現在では非常に多種多様なものがあり、様々な管理機能を搭載した勤怠管理ソフトが
各社より発売されています。御社の導入の目的や業務改善の課題によって何が最適かを考える必要があります。

  • ・システムの種類

    ・インストール型
    ・クラウド型
    ・グループウェアのPCログイン型

  • ・導入の目的

    ・グループウェアを使い申請/承認をPC上で可能にする
    ・打刻データの集計作業の正確性の向上と簡素化

  • 管理データをexcelなどで出力・承認/認証をPC上で管理